客待ちタクシー待機列問題

民間駐車場を利用しての荷さばき渋滞の解消策

民間駐車場を利用しての荷さばき渋滞の解消策は、荷さばき車両の搬入時間帯に空車の多い民間駐車場の一部を荷さばき車両専用の駐車場にすることで、路上駐車車両を駐車場に吸収する方法です。

荷さばき車両の駐車時間を一般車と別料金にすることで、荷さばき事業者の負担を軽減します。

また、入退管理に「ETCシステム」を採用することで、荷さばき車両の出入りをスムーズにし、入出車時の混雑を緩和させることも可能です。

事例としては、愛知県豊田市の西町商店街駐車場にて、上記同様、「ETCシステム」を採用し、荷さばき車両の料金を1分10円に設定して、弊社のシステムで運用しています。


民間駐車場を利用しての荷さばき渋滞の解消策に関する概要

民間駐車場を利用しての荷さばき渋滞の解消策の概要は、下記の通りです。
民間駐車場に、荷さばき用の駐車マスを整備します。
荷さばき事業者に配慮し、駐車した時間のみの料金徴収をすることとし、一般車とは別料金を設けます(1分10円など)。
民間駐車場が困難な場合には、市の先行取得用地などを利用することも望ましいと思われます。
荷さばき車両のスムーズな入出庫をサポートするため、定期券やETCによるシステムの設置が望ましいと思われます。
必要に応じて、ネットワークカメラなどの監視カメラや、予約用のフラップなどを整備します。
市の先行取得用地などを利用する場合には、駐車場ゲートを整備するよりも、フラップを用いた方がコストが抑えられます。
民間駐車場説明図
駐車場出入口 駐車場出入口 荷さばき専用駐車場 荷さばき専用駐車場
※ 赤枠内をクリックすると、別窓で画像が表示されます。

詳細は、「ETCを利用した共同荷さばき駐車場」のパンフレットをご覧ください(PDFファイルです)。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社のAcrobat Readerが必要です。

お持ちでなければ、右のバナーをクリックしてください(Adobe社のページへ移動します)


※ Acrobat Readerは、アドビシステムズ株式会社の登録商標です。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ