客待ちタクシー待機列問題

カメラシステムによるタクシープールの運用で、客待ち待機列を解消します

カメラシステムは、タクシー乗り場や併設されているタクシープール全体が撮影できる場所にカメラを設置します。

隔地タクシープール側には、カメラモニタを設置し、ドライバーが乗り場の状況を閲覧しながら自身の判断により、乗り場へ向かうシステムです。

導入事例としては、池袋や大宮、郡山、町田などが挙げられます。この内、大宮駅東口第二タクシープールは、弊社で社会実験をおこない、現在は本格運用をしております。このシステムは、弊社の設計したシステムで運用しています。


カメラによるタクシープール運用システムの特徴

カメラモニタシステムには、次のような「メリット」があります。


  1. 乗り場の状況がリアルタイムに確認できるため、ドライバーによる安定したスムーズな運用が可能です。
  2. 無人運用が可能です。
  3. 管理者が、カメラモニタと同様の映像を事務所などで閲覧できます。

カメラシステムによる客待ちタクシー対策の概要

カメラシステムによる客待ちタクシー対策の概要は、下記の通りです。
駅前のタクシー乗り場から1qほど離れた場所に、第二タクシープールを設置する(下図①)。
第二タクシープールには、モニタを設置する(下図②)。
駅前のタクシープールの全体が映るように、ビルの屋上などにカメラを設置する(下図③)。
駅前のタクシープールを利用する場合は、この第二タクシープールを経由することを必須とする。
第二タクシープールに設置したモニタで、カメラの映像を確認する。
駅前タクシープールの空き状況に応じ、ドライバーの判断で駅前のタクシープールへ向かいます(下図④)。
駅前タクシープールに待機した後は、順序に従って乗り場へ着けて、目的地へ向かいます。
再度同じタクシー乗り場を利用する場合は、第二タクシープールをその都度経由します。
カメラシステム説明図
第二タクシープールで待機するタクシー車両 第二タクシープールで待機するタクシー車両 第二タクシープール出口のカメラモニタ 第二タクシープール出口のカメラモニタ 駅前タクシープールで待機するタクシー車両 駅前タクシープールで待機するタクシー車両 ネットワークカメラ ネットワークカメラ
※ 赤枠内をクリックすると、別窓で画像が表示されます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社のAcrobat Readerが必要です。

お持ちでなければ、右のバナーをクリックしてください(Adobe社のページへ移動します)


※ Acrobat Readerは、アドビシステムズ株式会社の登録商標です。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ


ETCを利用した客待ちタクシー対策は、こちらをご覧ください。